おしゃれなオフィスレイアウトに必要なもの

オフィスがおしゃれだと勤務時間中のやる気が上がりやすく気分も楽しくなります。またおしゃれでありながら快適性もあると、能率が上がり仕事が効率的に進みます。レイアウトは仕事の効率やワーカーの気分を上げていくために非常に重要な事なので、試行錯誤を繰り返しながら最適な状態を探っていくと良いです。では具体的にどのようなレイアウトやアイテムが必要なのでしょうか。自分の部屋とは違い多くの人が長い時間過ごす場所ですので、自分だけの感覚で決めてしまうと周りに迷惑を掛けたり失敗しがちです。そうならないよう基本のポイントを押さえてみんなが快適に過ごせる空間づくりを心がけましょう。働く人が時代と共に変わっていくようにオフィスも状況に合わせて変えていくべきです。

おしゃれなレイアウトに必要なアイテム

快適な空間づくりに必要なのは、ホームライクなリラックス出来るアイテムです。例えば観葉植物や間接照明、そして丸い毛足の長いラグなどがあると一気に雰囲気が出ます。観葉植物は床置きの大きなものや収納や机の上に飾る小さなものなど様々なサイズが揃うと可愛らしくなります。サボテンの様な多肉植物など丸みのあるものだったり、毎日水をあげなくても良いものだと気楽に置くことが出来ます。そして照明は空間を分けるのに重要です。執務スペースは明るさが必要なのですが、集中するための場所や落ち着いて会話をする場所では彩度を落とした暗めの照明が最適です。ラグを床に敷くとエリアを分ける事にも有効ですし丸型の物を置けば空間か柔らかく見える効果があるので、アクセントとして何箇所かに敷くと良いでしょう。

オフィスを素敵に見せる工夫ポイント

おしゃれに見せるためには抜け感が大事です。例えばテーブルや収納、間仕切りでその工夫が出来ますのでアイテムを選ぶ際の注意点として参考にしてください。テーブルだと脚が太い物よりも細くてハの字に開いているデザインが素敵に見えます。また収納はびっしりと物を詰めるのではなく、オープン収納棚を使って装飾棚にすると向こう側が透けて見えるので空間が広々として見えます。間仕切りは床から天井までしっかりと仕切るものではなく、少し背の低いパネルを使うと開放感が保たれます。素材も大事です。例えば木製のアイテムを用いると快適なリラックス感を演出できますし、布地もキルティングやニットなどの厚みのある物ならカジュアルさが増しホームライクになりやすいです。色味はアースカラーを選ぶのがおすすめです。