このようなオフィスのレイアウトは仕事効率が上がる

皆さんは、仕事効率を上げるためには何が必要と考えるでしょうか。仕事に使用する設備を最新のものにする、業務管理をしっかりと行うなど色々な方法が考えられますが、オフィスのレイアウトを効率の良い仕事が出来るように変えるという手段もあります。少しの工夫で日々の業務などを行いやすいレイアウトにするだけで、こなせる仕事の量にも違いが出てきます。ただ、一言でレイアウト変更と言っても、その職場や業務内容に応じて、適した配置などは変化してきます。やみくもにデスクなどの配置を変更するだけでなく、自分のオフィスにはどのようなスタイルが適しているのか、特にどのような仕事効率をアップさせたいかなどの、配置変更をする目的をきちんと整理したうえで変更することが大切です。

仕事効率を上げるための2つのポイント

まず、社員同士のコミュニケーションがきちんととれるかという点を重視する必要があります。同じ業務を行う社員同士が正面などの近い位置に配置されているかどうか、近い役職同士の連携などが撮りやすい環境かなどという事を考慮に入れる必要があります。また、関係する他部署同士の連携がとりやすいようにすることも大切です。同じ空間内に関係他部署などがある場合には、部署内のみならず部署同士の連携も考える必要があります。もう1つは、日々の業務などを効率的に行えるかどうかという点です。各部署などが利用する機器などの配置や、日曜消耗品などの置き場所などの動線を意識してオフィスのレイアウト変更を行う必要があります。例えば、多くの人が使うようなコピー機などの機器はどこからでも行ける場所に配置し、コピー機へ向かう途中などにコピー用紙の置き場を作るなどです。

職場や業務内容などに適したスタイルを選ぼう

職場が少し手狭で、スペース効率を重視したい場合には、島型と呼ばれる部署や班ごとにデスクを向い合せる形が適しています。この形は省スペース性能の他に、人事異動の際などのデスク移動がしやすいなどのメリットがあります。同じスペース効率が良い配置方法に、フリーアドレス型というタイプがあります。これは社員が決まった席を持たず、自由に席を選ぶことが出来るタイプで、席を外すことの多い営業職などに向いている形です。1日の大半を自分のPCなどに向かって作業を行うという職場の場合は、ブース型が適しています。社員一人一人のデスク周りをパーテーションなどで囲う形で、プライバシー保護の観点からも優れています。プライバシー保護の観点からは、左右対称型の配置法もあります。これは、隣同士のデスクを左右逆行させた形式で、前後左右の社員とのコミュニケーションをとりやすいというメリットもあります。